スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーダイヤルの女。

COCOパパです。

手の届く所にあるものは何でもかじってしまうCOCO。
「これ、なんだろう? わかんなけど、とりあえずかじってみよ」 
ガリガリ、ガリガリ…。 そんな感じなのでしょうか。
とにかく、何でも、ガリガリ、ガリガリ…
自分のガリガリ音にさらに刺激されるのか、
ガリガリは次第にエキサイト。
もう、夢中でガリガリ、ガリガリ…
ガリガリ! ガリガリ!!
ガリガリ!! ガリガリーーッ!!!
最後は必至の形相で、ガリガリやってます。

早めに気付けばいいけど、手遅れだとほとんどのモノは破壊されます
そんなCOCO、意図的にイタズラすることがあります。
馬鹿そうに見えて、意外と知能犯なんです。
私たちが食事中、どっかから何かを引っ張り出して、
例によって、ガリガリ、ガリガリ…
「あー、COCO!ダメダメ!!」
などといって、それを片づけたりします。
その隙を狙って、テーブルの上にある食べ物を、ムシャムシャ
そう、最初から食べ物を狙うためにイタズラするのです。
これで何回もやられました

この前、いつの間にかかすめ取られた、その日に買ったばかりの「クルミジャコ」をやられました。
(ちなみに、クルミジャコは私の大好物
気付いたときには半分以上食べてしまってました。
「ゴルァ!! テメー、いい加減にしやがれーー!!
怒られても何処吹く風…
平気な顔で、ペロペロと口の周りをなめているCOCOの満足そうな表情が
とてもとても憎々しく思えました

そのことを、ばぁーばに
「COCOってばクルミジャコ、半分以上食べちゃったんだよ
と言ったら、(ばぁーばも、クルミジャコが大好き)

「あらまあ、COCOちゃん 喉が乾いたでしょう

だってさ!

違う、違う。 そういうハナシじゃないから…


ばぁーばって、私以上にCOCOに甘いのデス。
でも、甘いのもほどほどにしないとね。
COCOの健康の事を思うと、場合によっては笑い事じゃ済まない
「何でも食べちゃう不思議なお口」を何とかしないと……。
今朝、そんなCOCOのウ○チの中から、何やら出てきた。

なんだ、これ
なんか、紙切れみたいだ。
何か書いてあるぞ 
なになに――。


【 フリーダイヤル 0120-…… 】


COCOちゃん、そんなに自分を安売りしちゃダメじゃん。
…って、そういうハナシじゃ、ないよね
スポンサーサイト

COCOのこと。

COCOパパです。

今年、年が明けてから我が家ではアメリカンコッカーの子犬を探していました。
生後3ヶ月以内の男の子…。
そういう条件で色々なショップを巡り、ネットでも探しました。
2月になって、あるペットショップでCOCOと出会いました。
すでに1歳を過ぎていて、しかも男の子ではなく、女の子です。
でも、私たちはなぜかCOCOに惹かれました。
思えば、これは運命だったかもしれません。

その時、私はしゃがんで、
「うちの子になるか?」ってCOCOに聞いてみました。
すると、COCOは嬉しそうにしっぽを振って飛びついてきました。
私の鼻とCOCOの鼻が勢いよくぶつかって、
私は堪らず、しりもちをついてしまいました。

その時、左目が白く濁ったようになっているのは知っていました。
「これは生まれつきのもので、白内障とかではありません。視力にも問題ありません」
という話でしたが、それでもやっぱり気掛かりでした。
検診の時に近所の獣医さんに相談したら、
「若年性白内障の疑いが強いので、専門の病院を紹介します」
ということでした。
獣医さんの話では、右目にもその疑いがあるようで、
若年性白内障は放っておくと失明してしまうということです。


以前からCOCOの視力には疑いを持っていました。
ちょっと離れた所で呼ぶと、なかなかこちらの姿を確認できないみたいです。
「目が悪いのかな」って思うことがしばしばでした。
試しに片側ずつモノを近づけたり離したりして確かめたら
やはり、左目は相当に悪い気がします。
もしかして、ほとんど見えてないのではないかとも。
まあ、素人のやることなのでアテにはなりませんが。

思えば、1歳を過ぎたCOCOがペットショップにいたというのも
この左目と関係があるような気がします。
そんな複雑な生い立ちも、この目が原因ではないか、と。
「もし、白内障だと知っていたらどうしただろう?」
そんなことを考えたりします。
もしかして、COCOをうちの子にするのをやめていたかもしれない。
そう考えると、もしペットショップの人がそれを知っていながら
COCOを私たちに売ったのなら、私はペットショップの人に対して

心から「ありがとう」って言いたい。

もし、白内障として売られていたら、COCOの将来はどうだっただろう。
誰ももらい手がないまま、ずっとペットショップにいたかもしれません。
白内障の犬なんて、商品としての価値はゼロだと思います。
悲しいですが、冷静に考えればそれが現実でしょう。
それでも、売れないからといって、いつまでもペットショップにいるわけにはいきません。
そうなったら、COCOは……。
そんなことを考えると、COCOが可愛そうで仕方ありません。
だから、COCOをうちの子にして良かったと、つくづくそう思うのです。

うちの子になるまでのCOCOがどういう生活を送ってきたか、
本当のところを私たちは知りません。知る術もありません。
「去年の今頃、COCOは何をしていたのだろう?」って、よく思います。
色々と想像すると、やっぱりCOCOが可愛そうになってきます。
願わくば、生まれたばかりのCOCOを引き取ってあげたかった、とも思います。

でも、それはもう過去のこと。今さらどうにもなりません。
今、私たちが出来る精一杯のことをしてあげるしかないのです。
そして、どんなことがあっても、私たちの手で、
どこの家の子にも負けないくらい
COCOを幸せにしてあげようと思っています。
親バカと言われようが、過保護と言われようが構いません。
「この家の子になって、良かったな」って、
COCOに思ってもらいたいと、そう願います。

今週の土曜日に、東中野まで検査に行きます。

まろんくんとデート

久々のアップ、COCOでーす。

日曜日に昭和記念公園に行きました
この日はまろんくんにも会えるし、朝からウキウキ
天気もまずまず。車の中でも気分はハイで~す

p1080161%281%29.jpg

まだ着かないのかな~。パパ、早くしてよー
p1080162%281%29.jpg

やっと着きましたー早く行こー
「ちょ、ちょっと待ちなさい、COCO。そんなにあわてないの!」

p1080165%281%29.jpg

やったー チョー気分爽快

p1080171%281%29.jpg

「COCO、もう少しセーブしたら?」
だって、楽しいんだも~ん

p1080180%281%29.jpg

今日はワンちゃんも少ないし、ロケット日和よねー

p1080187%281%29.jpg

ボール遊びも大好き パパ、取ってきたよー
もっと投げてよー
「…COCOちゃん、まだやるの…?

p1080190%281%29.jpg

ふぅ、ちょっと休憩。お昼食べにいこー
今日はママの手作りだよ
パパ、その500円のバック、結構似合うじゃん
「あ、ありがと…
p1080195%281%29.jpg


ランに戻ったら、まろんくんが来てたー。やったー
もう嬉しくって、フリフリよ、ア・タ・シ

p1080196%281%29.jpg

今日も楽しかったけど疲れたねー。またパパの隣で寝ちゃおっと。
じゃ、まったねー。オヤスミー

p1080208%281%29.jpg


「あらら、また同じかっこだわ。二人ともいい気なものね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。