FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコパークに行った話。 (その2)

COCOパパです。

エコパークに行った話のつづきです。

エコパークにつくと、まろん君たちはお昼を食べに行っているようで
そこには知らないワンちゃんばかりでした。
その中にAコッカーの女の子がいました。
モコモコの毛並みがまろん君のようです。
もう4歳になるお姉様で、とても落ち着いていました。
飼い主さんの話では、その子もCOCOくらいの時はお転婆で
とても活発だったそうです。
だから、今はすごく物足りないと言っていました。
COCOの元気に走りまわる姿が羨ましいとも言ってくれました。

ふむふむ。確かにそうかもしれない、と私は思いました。
COCOのイタズラ癖が治ったら、楽かもしれないけど
すっかり落ち着いたCOCOを想像したら、なんだかツマラナイかもしれない。
大変だけど、COCOは今のままがいいかな?

喉が渇いたのでコンビニに飲み物を買いに行きました。
しばらくして戻ると、まろん君の姿がありました
例によって、COCOは大興奮!お尻、フリフリでアピールタイム!
でも、ひとしきりフリフリすると気が済んだのか
その後はべったりとかいうこともなく、ちょっと距離を保ちながら
たまにチラチラと見ている程度でした。
これって、ビミョーな乙女心なんでしょうかね?
COCOは人間の年齢に換算すると、丁度、女子高生年代だから
オジサンにはわからない心の揺れみたいなのがあるのかな
p1080391%281%29.jpg

この日、ちょっとCOCOとは相性の悪いワンちゃんがいました。
いろんな女の子のワンちゃんに、手当たり次第マウントする男の子です。
そのうち、COCOに狙いを絞ったようで、ずっとCOCOにまとわりついてきました。
COCOは、「まろん君の前で何すんのよっ!!
みたいなカンジで、断固拒否です。(当たり前~)

でもその子、すごくしつこくて、COCOのことをずっと追いかけ回します。
COCOは木と木の間を、必至に走って逃げ回っています。
私は、前の日の検査の結果もあったので、
逃げ回るCOCOが心配でなりませんでした。
そのワンちゃんの飼い主さんは、
「○○ちゃん、だめよぉ」なんて呑気な事を言っているので、
止めさせてもらおうとも思いましたが、ここで私が出て行くのが良いことなのか、
COCOの為には放っておいた方が良いのか、迷っていました。

その時、私は逃げ回るCOCOをずっと気にしているまろん君に気づきました。
私はそんなまろん君に、心の中でこう叫びました。

「まろん君、COCOのこと助けてくれっ

するとどうでしょう、まろん君は急に表情を変えて、
COCOを追いかけ回すワンちゃんに吠えまくり、
逆にその子をスゴイ勢いで追いかけて行きました。
そのワンちゃんは相当にビビったようで、もうCOCOには近寄らなくなりました。

「ありがとう、まろん君」 
その時、私はちょっと泣きそうでした。

「まろん君ってねー、ああ見えて、すっごくオトコらしいのよ
p1080377%281%29.jpg


その後、まろん君やアイシャちゃん、カレンちゃん、それから、
その日初めて会ったE・スプリンガーのまろんちゃん(!)たちと
楽しそうに走り回るCOCOの姿が、なんだか眩しく見えました。
検査の結果が悪くて落ち込み気味だったけど、
でも、COCOはシアワセものだよな。
そう、思いました。
うちに来るまでは淋しい時もあっただろうけど、
今は素敵な友達が、こんなにたくさんいるんだもんね。

COCO。
たとえ、今、左目が見えなくても、
そして、もし将来、右目も見えなくなったとしても、
不安に思うことなんか少しもないんだよ。
どんな状況になっても、今日のように、その時、その時を、
精一杯、明るく、元気に生きればいいんだ。
もっともっとつらい病気でも、
もっともっと明るく前向きにがんばっている子もいる。


だからCOCO、君もがんばろう。
君はもう、ひとりぼっちなんかじゃないのだから。

p1080385%281%29.jpg

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。