スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/18(木) また、暗闇へ。

COCOパパです。
またCOCOが暗闇の世界に戻ってしまいました。
昨夜、30分前まで元気にはしゃぎ回っていたと思ったら、
ちょっと寝て起きてみると、急に壁に頭をぶつけるようになったのです。

まさかと思って確かめると、やはり見えていませんでした。
思ってもいないことに、私たちは愕然としてしまいました。
つい一週間前に検診をした時には、手術していない右目も問題なく、
先生からは「もう何もなければ通わなくてもいいですよ」と、
嬉しいお墨付きを戴いて喜んだばかりだったというのに。
まったく、なんということでしょうか。

見えなくなると、COCOは急に元気がなくなります。
これは当たり前ですが、この前見えなくなってしまった時には、
家の中では歩き回ったりして、なんとか行動できていたのに、
今回は右も左も解らなくなってしまったように、
部屋を出たくともドアに向かえず、
まったく逆の壁にぶつかってしまったりしています。

きっと、よく見えるようになったことに慣れきってしまっているのでしょう。
急遽、今日は会社を休んで病院に連れて行くことにしました。
簡単な検査をしてみると、やはり、まったく見えていませんでした。

そこで、もっと詳しく検査してみることになりました。
しかし、瞳もすごくきれいだし、眼圧も正常です。
「う~ん、どうしたんだろう…」
原因がわからずに、さらに詳しい検査をうけました。

もし、網膜剥離だったり、視神経が駄目になっていたら…。
そんな不安を抱えて、検査を見守る私たち。すると、先生が、
「ああ、わかった。これだ、これだ」と仰いました。
見ると、モニターに映し出された網膜の血管が、
腫れあがったように、異常に太くなっていました。
どうやら原因はこれだろうということです。

昨夜、いつになく興奮させて遊ばせてしまったせいかもしれません。
COCOには激しい運動はよくないようです。
目薬と飲み薬(ステロイド)を処方してもらって帰宅しました。

もし網膜の血管が原因なら、しばらく安静にし、薬の投与を続ければ、
2~3日で視力が快復するのではないか、ということです。
でも、それでも快復しなければ…。

今も、COCOは暗闇の中。
私たちは、ただ快復を信じるだけです。

F1030343(1).jpg

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。